料理

食事を意識することで健康的に│腎臓病のリスク回避の方法とは

腎臓の負担をなくす

食事

今までの生活を続けて行くと、更に腎臓病が悪化していきます。食べ過ぎてはいけない食品に注意をして、腎臓病の食事療法を続け、進行を防ぎましょう。主に塩分の節制やたんぱく質の制限などが挙げられます。

» 詳細を読む

進行を遅らせる食生活

笑顔の女性

腎臓病において食事を工夫することは、腎臓病の進行を抑えるのにとても効果的です。食事のポイントは減塩とたんぱく質の制限、十分なエネルギーを摂取することです。たんぱく質を摂取する場合は良質なたんぱく質を摂り、たんぱく質の制限については専用の食品を使うことで対応できます。

» 詳細を読む

腎臓疾患時における食べ物

料理

基本的には摂りすぎに注意

腎臓は老廃物を含んだ血液から、その老廃物などの不要なものを尿として体外に排出し、必要なものだけを体内に吸収してくれる働きをする極めて重要な臓器です。腎臓病に犯されると腎臓が上手く機能しませんから、日常生活に重大な支障をきたしてしまいます。腎臓病といってもその種類は様々ですので、それらに合わせた食事をすることが基本ですが、共通していることがあります。それは医師から言われるケースもありますが、たんぱく質や食塩、水やカリウムを摂りすぎないことです。特にこれらは、実に様々な食品群に含まれていますので、意識していてもついつい摂りすぎてしまいがちになってしまいます。またそれとは逆に、積極的に摂った方が良いのがエネルギーです。もしたんぱく質を多く摂ってしまっても、エネルギーを多く摂ることで、たんぱく質の消費を抑えることができます。もっとも、肥満などでカロリー制限されている方は、適正量を摂るようにしましょう。

それぞれのポイント

たんぱく質を摂りすぎると、腎臓病で弱っているところに、さらに過度な負担をかけてしまいます。たんぱく質は、米や魚、卵など実に様々な食品群に含まれていますので注意が必要です。エネルギーについては、仮に多く摂りすぎたたんぱく質を消費させないように、肥満体質で極端な食事制限をしていない限りはしっかり摂るようにしましょう。ポイントは、低たんぱく高カロリーの食事です。食塩についてはナトリウムが含まれていて、血中のナトリウム濃度が上がると、腎臓機能が低下してしまいます。さらに喉の乾きが促され、水分を多くとってしまいます。塩分の高い食事は抑えるようにしましょう。水分を多くとると、当然尿として分解される量が多くなりますので、腎臓に負担をかけてしまいます。脱水にならない程度にとるようにしてください。カリウムについては、腎臓が正常なときはナトリウムを排出してくれますが、腎臓病など弱っているときは、カリウムが体内にとどまり、結果不整脈などの原因となってしまいます。カリウムは野菜などに多く含まれていますが、水洗いするとある程度排出されますので、しっかり洗ってから食べると良いでしょう。

工夫した食生活を送る

笑顔のウーマン

食事を注意することで腎臓病の進行を遅らせることが可能です。注意するポイントは減塩とタンパク質の制限です。具体的な摂取量は個人差があるため、医師や管理栄養士に相談するのが好ましいです。タンパク質を摂取する場合は良質なタンパク質を摂取することが重要です。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 食事を意識することで健康的に│腎臓病のリスク回避の方法とは All Rights Reserved.